スタバ問題

いつも行く駅前のスタバで、たまにはラテ以外のものを頼んでみようと思って、カプチーノを飲んだ。甘くて苦手だった。何が違うのかと思う。ラテもカプチーノも、エスプレッソに牛乳を入れているのではないのだろうか。

 

オシャレなものが好きなはずなのに、心から馴染むことができない。カフェミストというものも頼んでみたいけれど、味の想像もつかない。インターネットで調べてみた。何でも分かってしまうのだから、ネットはすごい。

 

インターネットによると、カプチーノは泡立てたミルクを使っているらしい。ラテは泡立てないミルクを使う。ベースがエスプレッソなのは同じ。そして、それはよくある疑問のようだった。カフェミストはカフェオレのことだそうだ。つまりコーヒー牛乳。

 

好きなものだけを選んでいれば安心なのではないかと考えてきた。好きなものは好きなのだし、失望することはない。わざわざチャレンジして危険を冒す必要はないのではないかと。駅近くの定食屋ではロース焼肉丼、すき家では3種のチーズ牛丼、酒は氷結。

 

それなのに、最近になって急に、違うものを試してみたいという欲求が沸き上がるようになった。僕の後ろには、選択されなかった素晴らしいものが、幾つも幾つも手つかずのまま放置されているのではないかと感じるようになったのだ。

 

結果はあまり芳しくない。3種のチーズ牛丼は美味しい。わざわざ高菜に手を出す必要はなかった。そもそも牛丼を食べる機会自体が減りつつあるというのに。

 

他もだいたいが同じだ。例外的にオーセンティックなバーで飲むカクテルは美味しかった。ただ、オーセンティックなカクテルは値段がとても高い。日常的には氷結を飲むべきだ。

 

それでも僕は試そうと思う。どこかにきっと未発見の沃野が広がっている。そこでは果実がたわわに実り、馥郁たる香りに溢れていることだろう。そしてそれはより重要なことのメタファーなのだ。僕は次も違う種類の牛丼を選ぼう。