toeicの試験を受けてきた。

 

思い立って先々月に受けたのに続いてのテストだったのだけど、相変わらずよくわからない。前回も同じだったので、もはや驚かない。前回と今回で感じたことを箇条書きにする。

 

・リスニングが聞き取れない。聞き取れるときもあるのだけれど、出だしで躓くと、ヒスパニックがスペイン語で話していたのではないかと思うくらいに聞き取れない。

 

・ぜんぜんダメだったと落ち込んだのに、思ったより点は取れている。つまり、相当の高得点が取れるようにならなければ、失望が常につきまとう。

 

・リーディングが全く時間内に解き終わらない。終わらないとわかっているのに終わらない。少しでも悩むところは流した方がいいのだろう。ただし、それはとても難しい。

 

toeicのテストは大学などで行われる。なんだか学生の頃を思い出して、それだけでも割と楽しい。

 

学生の頃の僕は頭は良かったけれど、どこかに所属しているという考えが苦手で、テストも苦痛だった。今はテスト自体ができない。学校はむしろ好きになっていた。

 

会場の大学が駅から微妙に遠いのは、僕が通っていたところと同じだった。そこを歩く朝ごとに、今日は何かおもしろいことがあるかもしれない、と考える時間だけはたくさんあった。実際にはそんなものが向こうからやってきたりはしない。

 

それだけのことを理解するのにも、結構な時間がかかった。toeicは二ヶ月に一回くらいのペースで受けに行こうと思ってる。