バランタインの30年ものを飲ませてもらった。値段を聞いて驚いたけれど、もらうものだから関係ない。タダで飲む高級酒は最高の味だった。なんらかの沈殿物がふわふわしていて、あれはおそらくオークの樽の一部、木がうまかった可能性すらある。普段はラフロイグの、年代が付いていないものを飲んでいる。自慢に思っていたそれも、高級酒の余韻の後にはしょんぼりした感じになる。誰かが毎日、いい酒を飲ませてくれないかな、とか考え始める。そして頭が痛い。昼から飲んでしまったから。