健康診断の結果、心電図に心室性期外収縮とか不完全右脚ブロックなどの緊迫した感じの異常所見が並んでいた。調べてみるとそんなに深刻なものではないようなのだけど、それでも嫌な気持ちにはなる。いつもより心臓の存在を意識してしまう。あと、ちょっとかっこいい異常所見だな、とも思う。名前がすごい。期外収縮、右脚ブロック。つい口にしたくなる。

 

キャンプがなくなった途端の3連休のやることのなさ。残業をしながら急に飲みたくなっても、そこは山の中。誰かを気軽に誘うことはできない。じゃあ、横浜で、となっても出るのに数時間単位の時間がかかる。どこかへ行きたい。時間が残っていないかもしれない。胸が痛む。それは気のせい。そして楽しめる。概念として文学的な気がする。